okiaproduct(C)

第31回東京国際映画祭2018/10.25-11/3

今年は日中暖かく映画関係者で賑わう街並み、映画祭関係者のおもてなし。

TIFF.JCS共に過去最大の応募出展であるという。

弊社抜粋 「銃」

中村文則のデビュー作「銃」を武正晴監督が映画化。モノクロ映像表現により、日常に潜む人間の狂気を描く。

映像、音、たばこ。今の世代にはまる、素敵でコレクションしたい作品でした。

10/28日Q&A 上映後六本木ヒルズシネマ1にて武監督と奥山さんのお話は大変魅力的であり、また見終わったお客の反応がダイレクトに伝わる素敵な空間でありました。

製作KATSU-do

2018/11/17日テアトル新宿ほか全国ロードショー

 

舞台情報

桝井賢斗ALICE~ 11/1-4日シアターグリーン

神谷勇羽 DRYuuuu 11/30-12/3ザムザ阿佐ヶ谷

森耕作 鳥の市2018 12/27-30日下北沢offoffシアター

宜しくお願い申し上げます

2018年秋公開映画ギャングース/森耕作現場参加いたしました

2018年9.21日公開映画コーヒーが冷めないうちに/青山光太現場参加いたしました

山本桂次舞台出演8/15-8/20日 GOJETGOGOVOL1 場所 A-Garage

神谷勇羽舞台出演8/17-18日 閃光 場所 墨田区bicship4F

SHORTSSHOTS/FILMFESTIVAL&ASIA/写真okiaproduct(C)

6月4日渋谷ヒカリエホールにて開幕

過去最高10000本の中から250作品の上映決定

ショートフィルムは大変奥深さがあり、年を重ねるごとに以前拝見した作品もまた見てみると

発見や作者の思いがひしひしと伝わってくると思います。

若い方に是非たくさん肌で感じてほしいです。20周年はまさに若い方にアプローチしていると

感じました。20周年おめでとうございます。

PINKY BOYS

STAFF
Photographer Leslie Kee http://www.lesliekee.com
Stylist Kosei Matsuda http://koseimatsuda.com
Hair Kunio Kohzaki http://wtokyo.co.jp/artist/kunio-kohzaki/
Make- up Nao Yoshida https://www.naoyoshida.com

Models
Hikaru Ota @hikaruota_official
Yuh Kamiya @yuh_kamiya0110
Ryuji Takeda @senz_leee
jun Aota @jun_juay
Ryo Higuchi @ryo_kidkillik
Riki Hirano @riki0130
Shintaro Matsukura @shintaro.matsukura
Jean @jean104941
Naoki Oguro @naoki.pak
Kazuya Kurokawa @youngkillik_cranecrew

 

神谷勇羽舞台出演いたします

2018.5.17~sinkstage10

森耕作出演いたします詳しくは<<公演詳細ページ>>

神谷勇羽出演いたします

MARKER LIGHT-BLUE Blessed2018年4月18日~22日東京・CBGKシブゲキ

マーカライト最新作「MARKER LIGHT-BLUE Blessed ... - ナタリー

森耕作出演いたします

制作「山口ちはる」プロデュース「ビニール袋ソムリエ」2018年3月29日(木)~4月8日(日)

すみだパークスタジオ倉

【あらすじ】

2016年に大好評を博した「ビニール袋ソムリエ」をリメイクして上演致します。

ポリエチレンやポリプロピレンなどの合成樹脂を原材料にした袋。
コンビニやスーパーなどで客の購入した商品をまとめる際に役立つ袋。
重さにして約2グラムの袋。
これが本来のビニール袋だった。それは袋でしかなかった。
しかしソムリエと呼ばれる人間が力を持ったことで過去を思い出せないほどに全てが一変する。

【出演者】

篠崎大悟(ロロ)清水みさと(オーストラ・マコンドー)佐野 剛(江古田のガールズ)
青木真美青木絵璃東 祐(ジールアビリティ)安味 誠貴(株式会社茶谷堂)
池田海人いまい彩乃(株式会社MINERAL)江良 誠哉
大迫 綾乃長田典之景山思保加藤広祐(藤一色)雁瀬 有子久世理瀬小林愛里鈴木拓也(レティクル座)
鈴木真之介(PAPALUWA、さいたまネクスト・シアター)髙橋英希(さいたまネクストシアター)
竹下寧音武本健嗣田中あやせでく田ともみ(えび)豊川智大
内藤慎人(劇団スカブラボー)中野匡人(株式会社茶谷堂)中林翔平原 武之
原田理央(柿喰う客)殖田育夢佛淵和哉巻島みのり槇野 レオナ三宅里沙森 圭史
森 耕作 山田瑞季渡邉 力(PAPALUWA)他

協力
江古田のガールズ、演劇ユニットCornelius Cock Blues 、wood luck office、えび、okia product、オーストラ・マコンドー、柿喰う客、株式会社MINERAL、劇団スカブラボー、さいたまネクストシアター、ジールアビリティ、PAPALUWA、藤一色、レティクル座、ロロ、ロ・ロール

『KEIKI~夏目漱石推理帳~』
日時 2018/1/6(sat)~1/14(sun)
脚本 藤森一朗
演出 藤森一朗
出演 【A-1班】
菅谷哲也 花沢将人 岡本夏美 高山璃子 押田岳  他

【A-2班】
菅谷哲也 花沢将人 高山璃子 権藤葵 押田岳  他

【B班】
江浦優大 大平勇輝 佐藤雅 中西裕胡 長谷川かすみ  他

【C班】
青山光太 希島凛 紅葉 竹ノ塚洋 中村友久  他

青山光太出演いたします/C班/夏目金之助役/

ttp://www.airstudio.jp/airstudio/top_180106.html

チケット一般発売 URL ⇒ https://torioki.confetti-web.com/form/352

藤井雅文出演いたします

コルバタ主催第15回本公演「足音を鳴らせ!」脚本・演出 友池一彦

出演者

大沢真一郎MARU(劇団水色革命)香村実咲(ミュージックバンカー)清野悠奨(フォーシーズプロダクション)
小林令奈(トライストーンアクティングラボ)岡田果実(MINERAL)山本梓未黒木克幸(株式会社シーメジャーワークス)みき二宮正晃一木花漣イシケン(みさわ国)
藤井雅文(オキアプロダクト)松井珠紗友池さん(松竹芸能、チーム進火RON)

2018年1月31日~2月4日

お問い合わせ
メールkorubata.japan@gmail.com
電話 08035124273

 

劇場
「新宿スターフィールド」(新宿三丁目駅から徒歩4分)
東京都新宿区 新宿2-13-6 光亜ビルBF1

 

(c)okiaproduct

第30回東京国際映画祭10/25-11/3 2017 TOKYOFILM

東京恒例のような雨、気温の落差

毎年胸高まる中、街並み人々、映画人関係者で賑やかな六本木周辺

そして映画祭クルーの素晴らしいおもてなし

筆者も多大な影響を頂いた映画祭も30回と節目である

今回ご紹介の映画はフランス製作「スパークリングパートナー」

マチューカソヴィッツが顔面を腫らし敗者の美学を貫く男を演じる感動作

2流プロボクサー最後の勝負

EXシアターにてマチューカソヴィッツ

「日本人の倫理、人と人とのつながりを大切にする日本人」

 

森耕作出演いたします「ゴミくずちゃん可愛い」

脚本・演出 池亀三太2018年3月3日(土)・4日(日)飛鳥山野外舞

http://www.nuigurumihunter.com/next/

藤井雅文出演いたします
空感演人プロデュース公演新作『LOVE & CHICK 』
公演期間2017年11月30日(木)~12月4日(月)
公演会場両国・エアースタジオ

2018~

連続ドラマW

バイバイ、ブラックバード

弊社より青山、森が参加いたしました連続ドラマW『バイバイ、ブラックバード』公式サイト

森耕作舞台出演決定

 

M.M.S.T performance 2017

The Brothers Karamazov


M.M.S.Tでは、ロシアの文豪ドストエフスキーの3つの小説『地下室の手記』『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』の上演を試みながら、

ドストエフスキー世界の謎めいた魅力を発見する『ドストエフスキープロジェクト』をおこなってきました。

本プロジェクトは2011年の『地下室の手記』創作より開始、2012年『罪と罰』、2013年『カラマーゾフの兄弟』と上演を続け、

その後も再演を繰り返してきました。

今回上演する『カラマーゾフの兄弟』は2013年の初演以来、初めての再演になり、新たな出演者とともに新演出で上演致します。

原作:フョードル ドストエフスキ

翻訳:北垣 信行

構成・演出:百瀬 友秀

出演者:上野敦子、菊池真奈美、城之内竜之介、諏訪珠理、戸梶泰志、藤廣果歩、森耕作、鷲野美佳

10月14日(土)19:00開場 / 19:30開演

10月15日(日)14:30開場 / 15:00開演

BUoY 北千住アートセンター

【チケットお申込み・詳細】

http://www.mmst.net/karamazov/

主 催:M.M.S.T

制 作:合同会社periplocus

林龍之介プロデュース企画始動

ご応募お待ちしております

人をいじめる事で自分の存在を主張していた少年と、そのいじめの的にされていた少年。
付き合う人、置かれている状況、全てにおいて違う世界を見ていた二人が、ある日を境に入れ替わってしまう。
見える世界が変わった2人はそれぞれの世界で生活をする中、元に戻る方法を模索する。
その過程で二人が見たものは今まで自分が知ろうとしなかった世界だった。
誰にも優しく接してもらうことのなかったいじめっ子と、力で人をねじ伏せ嘘や裏切ることのなかったいじめられっ子。
本当は自分を変えたかった二人が、ひょんなことで入れ替わり、違う世界を見ることで迎合し、新たな人生の一歩を踏み出す物語。 
脚本演出 /鄭 光誠
音田悠生出演決定
詳細はvacar.co.jp

森耕作 東京ノスタルジック様の撮影参加いたしました

林龍之介

1988/04/14

静岡県出身

 

元平川地一丁目で作詞作曲編曲、マルチプレイ、ハモリを担当。

デビューアルバム「えんぴつで作る歌」で史上最年少でオリコントップ10入りを果たす。

2008年解散から8年の時を経てソロアルバム「愛という名の中で」をリリース。

フォークロックを原点とし、ソフトロック、ワールドミュージック、エレトロニカまで吸収した音楽を提供。

音田悠生

舞台「蒼い季節」出演決定2017/3/15(wed)~20(mon)
http://www.airstudio.jp/aquastudio/top_170315.html
チケットの取り扱いは、カンフェティチケット取り置きシステムにて行わせて頂きます。
チケット一般発売 URL
PC用⇒ https://goo.gl/DY4I7m
携帯用⇒ https://goo.gl/ZQzmTm

野々修平出演決定

Air studioプロデュース  『GO,JET!GO!GO!vol.10 -渚のバンドエイド-』

2017/2/10 (fri)~2/19 (sun) ENTER

●ぴあニュース
http://ticket-news.pia.jp/pia/news.do?newsCd=201612200001
 
●Yahoo!ニュース
 
●エキサイトニュース
 

 

 

青山光太出演決定

 

ぴあ株式会社&舞台芸術集団 地下空港の初の共同公演が遂に実現!

W.シェイクスピアの『夏の夜の夢』を下敷きに、CoRich舞台芸術まつり!2016春の準グランプリ+制作賞W受賞の舞台芸術集団 地下空港が放つ、異次元の移動参加型演劇となります!

<<公演ページをご覧ください>>

 

日時:2017年3月2日(木)~12(日)全11回公演
会場:すみだパークスタジオ特設会場

青山光太
映画撮影現場参加いたしました
 

『覇 王 凶血の系譜』III&IV

野々修平舞台出演決定いたしまた
www.airstudio.jp/aquastudio/top_161216.html  
山本康太無事ライブが終了致しました
暖かい声援と暖かい空間で大変素敵な時間でした

 

青山光太

Airstudioプロデュース「ロマンス」出演決定

2016年9/28(wed)~10/3(mon)詳細ENTER

青山光太 ドラマおとこめし7話参加いたしました

山本康太 10月平川地一丁目で活躍されていた林龍之介さん主催ライブ出演決定

松崎浩太郎 NODA・MAP第21回公演『足跡姫』~時代錯誤冬幽霊 アンサンブル出演

Air studioプロデュース  『Darkness Gate ダークネスゲート』

ENTER
日時 2016年8/25(thu)~8/29(mon)
出演 野々修平出演決定

 

TX 7月15日 深夜0時12分放送

弊社三名参加いたしました

弊社二名出演決定いたしました。

Air studioプロデュース  『海ゆかば』

ENTER
日時 2016年7/6(wed)~7/10(sun)
出演


青山光太出演

 

 

 

 

 

Air studioプロデュース  『GO,JET!GO!GO!』vol.4

ENTER
日時

 

出演2016年7/22(fri)~7/31(sun)

野々修平出演 

vol.5に変更になりました。

 

 

書籍部

 

モデルは、ギネスで世界最年少イリュージョンアーチスト。バラエティで、おなじみの「山上兄弟」です。

 

大人の女性に贈る。素敵な作品に仕上がっております。

 

4月1日より販売

A5版

税込1400

 

新宿西口店での販売は終了しました

彩の国さいたま芸術劇場芸術監督 蜷川幸雄率いる若手演劇集団さいたまネクスト・シアター。新作のたびに高い評価を受けている彼らが、『2012年・蒼白の少年少女たちによる「ハムレット」』以来となるシェイクスピア作品『リチャード二世』に挑みます。(記事引用)

この集団を、見逃してしまってはならない。期待を裏切らない、ピリッとした空気に抜きのない気合と緊張感。

筆者は第一回から拝見していますが、拝見していない方は是非お勧めします。場所は埼玉与野本町、毎回チケットは売り切れる盛況振りです。事前の確認をお願いします。きっと極上の満足の舞台を拝見できるでしょう。by okia


2015年4月5日(日)~4月19日(日) 全17回 

彩の国さいたま芸術劇場 インサイド・シアター(大ホール内) 


狂人なおもて往生をとぐ ~ 昔、僕達は愛した ~.

 日本演劇史に金字塔を築いた清水邦夫の傑作に、気鋭の演出家 熊林弘高が挑む。

2015年02月10日 (火) ~2015年02月26日 (木)

シアターウエストにて Roots vol.2. 

 

清水邦夫の傑作

舞台美術照明 キャスト 演出 美しすぎて言葉が出ない。二月、見てはいけないものを、見てしまった。

by okia

この狂った男の子にも恋は必要だから。それは私に違いないから。

今回の空想組曲は、第21回読売演劇大賞優秀女優賞の受賞も記憶に新しい、女優・松本紀保を主演に迎え、高校教師と生徒の歪んだ愛を描きます。相手役には、映画『告白』や『悪の教典』『鈴木先生』等で存在感のある演技で話題となったD-BOYS西井幸人、その同級生役に、若手注目株の女優・趣里、同僚の先生役に、映画紹介、エロメール添削家としても活躍する瀧川英次が出演。個性豊かな俳優4名の異色の競演が実現しました。

(記事引用)

お勧めいたします、よかったと一言で失礼ですが、良かったです。    

by okia

 

 

poreheadというバンドに、筆者は参加することができた。年齢を重ねるごとに、ライブハウスは遠ざかっていくものだが、poreheadに出会い、ライブの素晴らしさを改めて実感した。 

楽曲を含めバンドメンバーから放たれるパワーを感じ取って欲しい。 実に演劇的で実に才能の結集である。     

                                                                        

 

書籍部

渋谷のとある映画館、ガスヴァンサント監督と俳優がいた、数年後シネマライズでパラノイドパークを拝見した、役者の色と監督の色、傑作、

その後写真家nickhaymesの作品「gabe」パラノイドパークで見事主役を射止めたgabeにオマージュを当てた作品が出版されその色で続きを何か新しい形でbook制作できないか、、、

ニックから電通の方を紹介いただき交渉試みる

ニックと渋谷でお会いしそして出版社とgabenevinsとのやり取りの中で見えてきた難しさ

当時新宿でアート書店をオープンする予定で

すでに物件も決まり着々と準備してましたが葛藤の結果諦めた経緯があります。その後アートブックが流行り素敵なアート本が気軽に購入できる環境が整ったわけわけですがやっぱり老舗が閉じると悲しさもありそれが時代の流れと理解します

挑戦ただそれだけです

 

 

 

この季節彼を、思い出す。

数知れずのプロダクションからオファーを経ても、彼なりの道に突き進んでいた人物。

彼との出会いは彼がスケーターであった頃、神宮前交差点に遡る。

彼ほどの才能を持った人物は、なかなかお目にかかることはできない。

                                                          

 

okiaproduct

事務所白金より移転いたしました

東京都渋谷区広尾5-3-14nakaebldg4FB

2018年一層精進して参ります

弊社所属

桝井賢斗始動

maison/okia内

★★

渡邉柊磨(わたなべしゅうま)

1999/176/65/B77W75H87/東京都

役者

森耕作(もりこうさく)

171/51/B77/W72/H86

宮崎県出身

大学院時代

きのこと動物の相互作用を研究

新人 山本桂次(やまもとけいじ)

1998生/B70/W61/H75/177/58

新人 中野冬翔(なかのふゆと)

2000生/B80/W75/H85/174/56

神谷勇羽(かみやゆう)

170/55/B82/W70/H85

ブレイクダンス

2017GrandY×VOGUE /GrandY原宿

イベントダンサー、モデル

劇団番町ボーイズクローズZERO 

エイベックス通信放送(c)

東映配給6月30日公開

「パンク侍、斬られて候」

森耕作現場参加

2015年11月13日 ~11月16日 

bookokia

2017カレンダーは青山ブックセンターでの撮影でした